貿易王に俺はなる! 子連れ副業貿易プレイヤー     ネットビジネス航海日誌 

ネットビジネスと出会い、個人で輸入や輸出、そして国内せどりを行うハイブリッドプレイヤーとして副収入を得ています。本業はサラリーマン、さらに2児の父という表の顔を持ちながら、貿易王になるため日々学んでいます。 個人貿易というブルーオーシャンを駆け巡る航海日誌をここに公開していきます!

hyoshi

ピックアップオススメレポート
『2016年ebay輸出で飛躍する 仮面ライダーを世界に輸出する方法 楽しもう!好きなことで稼ぐ!副業から始める個人輸出【副業貿易王シマ】』




大好きなヒーローを世界の子供達に紹介しませんか?


今、日本発のヒーロー達が世界中で注目されています。

しかし残念なことにまだまだ
ヒーローのグッズの流通量は世界で不足しています。


あなたの助けを待っている子供達は世界中にいるんです!
なお、過去の超ノウハウはタイトルバーの「超絶!ノウハウ無料公開中」からダウンロードできます^^










シマの超ノウハウは「無料ダウンロード」ボタンから、必要事項をご記入して頂いた後、ご請求して頂けます。ご請求いただくと、副業で貿易王シマが発行する「貿易王シマの航海日誌」というメールマガジンに登録されます。なお、登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除できます。

44db21fa3ba5e10cc36f041972de3d5d




ブログの更新が


1ヶ月ぶりとなってしまいました^^;




4月から本業のほうの環境が


大きく変わり、


責任ある立場となって


残業に追われる毎日となってしまいました・・・





家に変えると深夜22:00を過ぎて


もうクタクタ・・・




子供達の寝顔が


家に帰った私を出迎えてくれますToT






こんな生活ではダメだ!!







そう思った私は


 


“禁断の果実”に





手を出してしまったのです・・・








私が手にした魔法の力、



それは





“スマートドラッグ”
(略称スマドラ)



です。




スマドラとは

別名「天才を作る薬」とも呼ばれ、

海外ビジネスパーソンには

大人気の合法ドーピングのようなものです。




短眠の新しい手法を探していたときに

初めてスマドラと出会いました。



集中力や記憶力、

作業効率が大きく向上したり、

自閉症や鬱病にも効くというブログ記事を見て

私も試してみようという気持ちになりました。




今の所、

短眠に対する効果はあまり感じませんが、

作業効率は上がったように感じます。



その証拠に4月上旬に比べ、

今月は残業時間が1〜2時間程減りました^^



なんとか更なる向上が望めないか、

いくつかの種類を併用する等

実験と研究の日々です。



副作用は無い、

とは言ってもよく分からない薬なので

あまり無理せず少しずつ服用しています^^;


体を壊しては元も子もないので。





ちなみにスマドラは

Amazonや楽天でいろいろな種類が普通に売っています。










こちらはDHCから出ている

スマドラ(サプリメント?)ですね。


価格もお安くなっています。






スマドラ実験の結果は

今後も配信して行く予定です^^



これはイケル!

という発見があったら

無料レポートとかでコンテンツ化しようかな、

と考えています^^



続報にこうご期待です^^






PS.


私の最新無料レポート、

「時間が足りずお悩みのあなたのためのハイパー短眠マニュアル」



おかげさまでメルぞうランキングで

2位を獲得しました!


今回、あまり積極的に紹介していなかったのに、

すごいダウンロード数でした!

本当にありがとうございます。


これからも皆さんのお役に立てるような

情報発信を心がけて行きますので

今後ともどうぞよろしくお願いします!


何かご意見やご質問がありましたら

お気軽にメールください^^




にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


ポチっとしていただくと、

このブログの応援になります。 


最後までお読みいただきありがとうございました。      

1490719627Bi1dywsSxKv6smp1490719606



 本業や家庭の仕事の合間に副業をやっている私が

片手間で行っている情報発信ですが、

たまに質問をしてくださる読者さんがいます。


本当にありがたいことです^^



中でもよく受ける質問が

どうすれば副業をする時間が作れるのか、

という内容。




「熱意はあるのですが

本業や家庭を持っているため

どうしても時間が作れません・・・」



こういう質問を受けると

根性論やマインド論、

あげくの果てにはそんな会社やめろ!

といい出す情報発信者や

ネットビジネス塾の運営者がいます。




でもはっきり言ってそれは間違いです。




それはただ単に彼らが時間の作り方を

知らないだけか、

社会人の経験が無いのか

どちらかです。



実際のところ、

金儲けのノウハウを教えてくれる人は

この業界にはいくらでもいますが、

時間の作り方を教えてくれる人は

驚くほどいません。



これでは熱意があっても

副業という可能性に

一歩を踏み出せない人が多いのも

当然です。



ですので今回、

私が無料レポートという形で

「時間づくり」をテーマにした

コンテンツを作成しました。



時間が無くてお困りの方に

ぜひ参考にしてほしい一本です!


 私の無料レポート最新作、

「時間が足りずお悩みのあなたのためのハイパー短眠マニュアル」


こちらからDLできます。






 PS.

今回公開した短眠マニュアルですが

実は以前、

有料商材の特典として配布していました。


その有料商材もだいぶ落ち着いたので

無料公開することにしました。


この短眠マニュアルの内容を実践すれば

確実に時間づくりはできます。



ただ他にも私が

実験的に実践していることもあります。

じっくり検証した後、

何らかの形で配信したいと考えていますので

こちらも楽しみに待っていてもらえれば

ありがたいです^^



また、

何か質問がありましたら

お気軽にどうぞ!

私としても情報発信のネタになるので大歓迎です!!




にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


ポチっとしていただくと、

このブログの応援になります。 


最後までお読みいただきありがとうございました。     

時間




副業で成功を目指す9割以上の人が

必ずぶち当たる壁、


それが 時間 です。




せめてあと1時間あれば・・・!




これまで何度この言葉を

飲み込んで来たことでしょう。


本業が忙しいと

なかなかビジネスの時間を作ることは困難です。



私も今でこそ

中国輸入は中国人パートナーに

任せっきりというビジネスモデルですが、

これは最近ようやくシステムとして構築できたことで、

昨年の途中までは

リサーチと仕入れはパートナー、

検品や納品は自分でやるという

スタイルでした。



他にもebayや情報発信もあるので

本当にてんやわんやでした^^;




それで私は少しでも多くの時間を

ビジネスに使うため、

短眠

の工夫をしています。
 




短眠なんて絶対無理!!





実は私はずっとそう思っていました。




学生時代から自分の睡眠時間を減らそうと、

好きでもないコーヒーをがぶ飲みしたり、

目覚まし時計を5つも並べて

気合いで目を覚まそうとがんばりましたが、

こんな無理矢理な方法では

とても長続きしませんでした。



私の平均睡眠時間は8時間




これはもう私の体質上どうしようもないのか・・・




そう諦めかけていた時、

偶然見ていたテレビでタモリさんが放った一言



「食べるとね、絶対にバテると思ったの」





今でもあの衝撃ははっきりと覚えています。




このタモリさんの一言は

27時間テレビでタモリさんが

まったく食事を摂らなかったことについて

触れられたときに発した言葉です。



タモリさんは1日に1食しか

食事を摂らないことでも知られています。


同年代の人に比べてよく食べる私が

さすがに1日1食はキツいですが、

この一件依頼

間食や暴飲暴食は控えるようになりました。



たったこれだけのことでも

ずいぶんと頭がスッキリッして、

夕方にはバテバテだった私が、

夜でも活動できるようになりました。



そしてなんと睡眠時間が

6時間でも平気になったのです!



もし今のあなたが間食をしたり、

食事をお腹いっぱい食べる生活をしているなら、

腹八分目を心がけるだけでも

ずいぶん体の調子が変わると思います。


簡単にできることなので

ぜひ実践してみてください^^



ちなみに食事と睡眠に関するさらに深い関係は

こちらの記事にまとめています!






にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


ポチっとしていただくと、

このブログの応援になります。 


最後までお読みいただきありがとうございました。    


協力


 

早いものでもう年度末ですね。

本業のある方は忙しい毎日を

送っていることと思います。


かく言う私も

輸入は自動化できているとは言え、

ビジネスパートナーへの細かい指示や

こまめなコミュニケーションは欠かせないので

情報発信がおろそかになっていました。



私には中国人パートナーが1人いて、

彼に中国輸入は任せているのですが、

彼にも本業があり、

さらに最近仕入れ量もかなり増えているので

そろそろ人員増をしようと模索していました。


久しぶりに中国人パートナーを探すと

来るわ来るわ^^


彼らにとっても日本人とのビジネスは

かなり旨味があるのでしょう。

最近のAmazonの中国人セラーの増加率を見れば明らかです。



久しぶりに募集したら

一気に応募がきました。 


中国人ビジネスパートナーは

タイミングにもよりますが、

最近は日本人とビジネスをしたいという人が

増えています。


中国バブルも終焉を迎え、

仕事を求める中国人が増えているのです。


ですのでこういった、

仕事を求めるメールや書き込みが

増えています。


スライド1


スライド2





中国人パートナーを見つけるには

今が絶好のタイミングかもしれません。


ちなみに中国人のパートナーを見つける

私のイチオシサイトは





パートナーの見つけ方は


紹介していますので

ぜひ参考にしてください^^




なお現在作成中の中国輸入教材が

完成したら非公開になりますので

お早めに!
 


進化する宅急便!



 私はセラーとしてももちろんですが、

購入者としてもよく Amazonを利用しています。



Amazonによる注文が増え、

ヤマトをはじめ、

宅配業各社がその仕事量が増え

繁忙を極めているというニュースを

見るようになりました。


それで私もなるべくAmazonの利用は控えようと思いつつも、

やはりその利便性から

脱・Amazon

とはほど遠いAmazonに依存した生活を余儀なくされております^^;


だって欲しいものが簡単に見つけられるので、

わざわざお店に行く時間がもったいないです。

 

バイヤーとしてもセラーとしても、

Amazonおよびヤマト運輸のお世話になっている私ですが、

先日なじみのヤマトの配達のお兄さんとした会話。


私「最近ヤマトさんニュースになってますけど、
やっぱりAmazonの注文とかでお忙しいんでしょうねー。」


ヤ「後輩が入って来てくれれば全然解決なんですけどねー。
本当に人が入ってこないんですよ。」


私「お店で買えば良いものでも、
いつもワンクリックでAmazonで注文してしまって、
なんか申し訳なく思います。」


ヤ「いやいや、いつも利用してもらって感謝してます。
ところでAmazonってやっぱり売れるんですか?」


私「Amazon使っている人多いので、
売れますねー。」


ヤ「シマさんとこ以外でも、水戸近辺でよくAmazonに送っているお客さんいますねー。」


私「自分でお店構えるってなるとかなり大変ですけど、
Amazonだと個人で簡単にお店できちゃいますからね。
てか水戸にもいるんですね^^;
ひたちなかにはめちゃくちゃ稼いでる友人いるんですけどね。」


ヤ「もしかしたら知ってるかもしれないです^^
しかしやっぱり横の繋がりとかあるんですねー。」


私「東京とか行くといろんな人と知り合えますからねー。
Amazonもいろいろとしかけてくるんで繋がりがあったほうが
有利ですからねー。」


ヤ「我々もがんばらなきゃですね。またいろいろ教えてくださいー^^」




ヤマトさんも苦労していると思います。


ただ、
最近の報道ではAmazonが悪、
みたいな感じになってますけど、
配達のお兄さんが言うには
仕事が回ってくることはありがたいことで、
問題なのは人手不足解消が進んでいないことなのだそうです。



あといつもAmazonに送っている人は
記憶に残りやすい模様です^^;
 


私はヤマト運輸が好きなので、
出来る限りヤマトを利用するようにしています。
反対に郵便局とは
何度かもめたことがあるので避けてます>_<
(EMSやeパケット利用の際は利用させてもらってはいますが・・・)


運送会社さんは本当に大変かとは思いますが、
ビジネスでお世話になりますし、
なにより日本の物流を双肩に担っているわけですので
これからも頑張って欲しいですね。



 

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


ポチっとしていただくと、

このブログの応援になります。 


最後までお読みいただきありがとうございました。    

↑このページのトップヘ