yamato










運送業の最大手であるヤマトさんが

値上げを検討中ということです。



言うまでもなく

Amazonからの荷物の増加が

大きな原因でしょう。



ヤマトの値上げは

Amazonを使ったビジネスに

大きな影響はあるのでしょうか?


そして私たちは

どんなビジネスモデルを考えるべきなのか、

私なりに考察してみたいと思います。 




記事にあったように

ネット通販による荷物の増加により人手不足が深刻になっている

ということは逆に言うと、

配送業者が人手不足におちいるほど、

ネット通販が普及した

ということも意味しています。




つまり需要が供給能力を

上回りつつあるのです。




少し話がそれますが、

あなたはフランスの

反アマゾン法”を

知っていますか?



フランスでは昨年より

書籍の無料配送を禁止する法律を

施行しています。


これが一時騒がれた反アマゾン法です。



この法律が今後、

書籍以外にも広まって行くのかどうかは

定かではありませんが、

既存の書店や配送サービスを

守るための法律であることは明らかです。



しかし、

有識者には例え送料を取ったとしても

Amazonの利用者は増え続けるだろうと

分析している人も多いです。




私もそう思います。




一度便利さを経験してしまったら、

人間なかなか元の不便な生活に

戻ることはできません。



ヤマトを始めとした

配送業者が値上げをするというのは

雇用の拡充や賃金の引き上げにも繋がり、

むしろAmazon利用者が増える機会になると

私は考えています。



だからヤマトの値上げ、

プライム会員の年会費引き上げなど

これまでネット上で頻繁に

議論されてきましたが、

私としては歓迎する好機だと解釈しています^^




それでも心配だ、

という方はリスク分散を進めるといいですよ^^



例えば国内Amazonの他に

ebayに販路を広げるとか、

情報発信は始めるとか、

収入の柱を広げるチャレンジは

とても大切なことです。



リスク分散は私も常に意識していることで、

今年はコンテンツビジネスを

広げる準備をしています。




そう遠くないうちに

今までにないような教材を

完成させます!



どうぞお楽しみに^^ 


 



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


ポチっとしていただくと、

このブログの応援になります。 


最後までお読みいただきありがとうございました。