Taishu_19680_2
出典:タモリ「ついに生き神様に!」番組も共演者も次々ブレイク…芸能界に信奉者急増中!!(日刊大衆)
URL:http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-4785058/ 

 
副業でビジネスを頑張っている方へ質問です。


あなたの悩みは何ですか?



稼ぎが少ない事?



家族の理解が得られない事?



それとも人間関係についてでしょうか?



様々な悩みがあると思いますが、

最も大きな悩みは


時間


についてではないでしょうか?





あなたの活動できる時間を計算してみます。



例えば、

朝の7:30に家を出発し、

夜の19:30に帰宅するような生活をしていると仮定すると、

通勤時間を含め約12時間を本業に捧げなくてはなりません。


さらに朝夕の食事時間をそれぞれ1時間、

睡眠時間を7時間とするならば


・本業12時間(昼食時間含む)
・食事1時間×2
・睡眠7時間

合計21時間。


残る時間は3時間です。


でもあなたは仕事と食事と睡眠だけで

生きている訳ではありません。


家族の団らんを楽しんだり、

友人との親交があったり、

趣味に没頭するような時間を加えると

とても副業は不可能に見えます。




ここで32年間の長きに渡り、

お昼の生放送番組のMCを

ほぼ皆勤で務めあげたタモリさんの

習慣について注目してみます。


タモリさんは事故や手術のため

過去4回ほど予定外のお休みがあったそうですが、

国民的長寿番組「笑っていいとも!」の

MCを1人で続けていました。


この間、風邪などの体調不良は

一切なかったといいます。



タモリさんほどの多忙な人が

なぜこんな偉業を成し遂げる事ができたのでしょうか?




才能



と一言で片付けてしまうのは簡単です。


副業の成功を目指す多忙な私たちにとって

タモリさんの成功は

参考にすべきとても大切なものです。



有名なことかもしれませんが、

タモリさんは30年以上「1日1食」の生活を続けています。


普通なら3食しっかり食べないと

1日に必要なエネルギーが得られないと考えますね。



私も以前はそう思っていました。



しかし、

タモリさんは以前

27時間テレビの放送中、

一切食事を取らず

後日そのことについて振れられると


「食べるとね、絶対にバテると思ったの」


と答えています。



食事を摂るとバテる。


1日3食の習慣が身に付いてしまっている

私たちにとって

にわかには信じられない話です。
 


ですが栄養士さんの話によると、

消化に必要なエネルギーはフルマラソン(42.195km)を

走るのに匹敵する莫大なものと言われています。


私たちは

フルマラソンを走った疲れを溜めこんだまま

毎日活動している

ということになります。


確かに満腹になると眠くなることって

あなたも経験した事ありますよね?


食べ過ぎは疲れを生む原因になるんです。



 
私たちは40km以上走った後、

さらに仕事やプライベートで

多大なエネルギーを使い、

それに加えて副業もこなそうとしているのです。

 



少なくとも私には無理そうです・・・



だから私も食事の数や量を減らす

努力をするようになりました。


さすがに1日1食はきついです。


ですので、

1食あたりの量を減らすとか、

なるべく消化にいいものを食べるようにするとか

工夫するようにしています。



このような食事改善に取り組み始めて、

最も目に見えて効果があがっているのは

睡眠時間

です。 


私はもともと1日8時間寝ていましたが、

食事改善を始めてからというもの

3〜4時間の睡眠で大丈夫になりました。


だから副業で個人貿易をしながら、

このようにブログやメルマガなどの情報発信も

可能となりました。



時間が足りない!



とお嘆きのあなた。


食生活を少しづつ改善し、

自分の自由な時間を手に入れませんか?


もちろん時間より食事が大切だ、

という方に無理にオススメはしません。


ただ時間と食事を比較し、

どちらが自分にとって重要かよく考えて

ビジネスの時間を確保できれば、

より成功に近づく事ができるのではないかと

私は思うのです。





ポチっとしていただくと

私の応援になります^^


最後までお読みいただき

ありがとうございました!