slamdunk_27_185
出典:SLAMDUNK (スラムダンク)27巻 #242 切り札参上
井上雄彦 ジャンプコミックス




やらなきゃいけないと分かっているのに

モチベーションが持続しない。

夢や目標があるのに

努力を継続できない。


多くの人が持つ悩みです。

私ももちろんそのような経験はあります。

だから私は


貿易王に俺はなる!



というブログのタイトルにしました。



その話は後ほど・・・




なぜ、人はやる気を持続させる事ができないのでしょうか?

根性がないから?

精神力が弱いから?

それともその目標が自分に合っていないのでしょうか。


様々な理由が考えられますが、

一番の原因は「強制力」がないからだと私は考えています。



人間は誰しも弱いもの。

誰にも見られていない、

全く強制力の働かない環境下でモチベーションを持続するのは

非常に難しいです。


自分で選んでやり始めたことですら、

すぐにさぼってしまいます。



そしてこう言うのです。




「明日からがんばろう」




でも、

これは人として自然なことなのだと思います。


人間に限らず、生物は苦しみから逃れようと

行動します。


努力を継続するということはとても苦しい行為です。

何も行動しないことが一番楽で、苦しみを感じないですよね。


しかし、みんな心の中ではわかっているんです。





「明日やろう」は「バカやろう」




ではどうしたら努力の持続ができるのでしょうか?





話が変わりますが、あなたは

漫画「スラムダンク」をご存知ですか?

日本中の少年に笑いと感動、

そして熱い思いを届けた名作ですね。



私は大人になった今でも、この作品から多くのことを学んでいます。

中でも、作中屈指の名シーン




「ヤマオーはオレが倒す!!by天才・桜木!!」




ここに、強制的にやる気を持続させる

非常に重要なポイントが隠されているのです。


ここで花道は、

多くの人の前で(この中には愛しの晴子さんや、桜木軍団の仲間達も含みます)、

山王工業は自分が倒すと堂々と宣言しました。


もしこれで、

花道が山王に敗れてしまったら、

彼にとっては面目まるつぶれです。

この上ない屈辱と敗北感を味わう事になります。

それでも晴子さんは慰めてくれるかもしれません。

しかし花道にとって、山王に負ける事は絶対に許されなくなったのです。


言い換えれば「背水の陣」を強制的に敷いて戦う道を選んだのです。



「窮鼠猫を噛む」ということわざがあります。

追いつめられた(背水の)ネズミは天敵である猫に一撃を食らわせます。

しかし、逃げ道の残されたネズミは迷わず逃げの選択をするでしょう。



人間も同じです。

逃げ道のない絶体絶命の危機に陥ってしまったら、

誰しも死にものぐるいで状況を打開しようとするでしょう。



強制的に背水の陣を敷き、自分の力を出し切る方法、

私たちは

有言実行

と呼んでいます。



私はブログのタイトルにこの「有言実行」を利用しています。

私は堂々とあなたに「貿易王に俺はなる!」と宣言してしまいました。

いえ、あなたにだけではありません。

このブログをご覧のすべての方達、

私がネットビジネスをする上で協力してくれている仲間達、

そして家族、

私は周りの人たちに「貿易王」になることを宣言しています。

ですので私に残された道は貿易王になるしかないのです。

もうやるしかないです。

言い訳はできません。

だからモチベーションがないとか、

明日でいいやとか、

絶対に言えません。



もしもあなたが、

言い訳をしてしまう自分を変えたいと切望しているのなら、

最も効果的な方法は「有言実行」を活用する事です。


今日から、

自分の夢や目標を

周りの人に宣言してみませんか?

それが夢をかなえる大きな一歩となるでしょう。




28_011







 
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

ポチっとしていただき
シマと一緒にがんばりましょう!!^^